求人募集をする

今までは週刊誌や広告から人を募集することが一般的なものでした。しかし、昨今ではネットで募集するところが増え、従来の週刊誌や広告といったものだけではなく、ネットから募集や応募する人も少なくありません。しかし、これらはどれも大きく募集しようとすれば多くの金銭が必要となります。金銭が少ない中で人をさがすにはどうしたらよいのか紹介していきます。

まずは従業員や自身の知り合いから人を紹介してもらうという手です。以前いた場所で一緒だった人で求職者がいるという場合もあるためです。しかし、相手へもメリットがなければ紹介してもらうことは難しいので、一定期間を働いてもらえれば両者に謝礼金を支払うなどすればよいでしょう。

次にハローワークでの紹介です。ハローワークでは仕事の出来る場所を探しているため、一定の条件を満たしていれば認められ、募集をしてくれます。また、似たもので職業訓練校で人を探す方法があります。これは、ハローワーク求人を職業訓練校に出すというもので、就職担当官と掛け合い、人を集めてもらう方法です。

以上のような方法がありますが、重要なのはこの後いかに人をつなぎとめておけるような環境を作るかです。人を募集するにも、新しい人を訓練するにも多くの時間が必要になるためです。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。